スポンサーサイト

  • 2017.07.16 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ネパール

    • 2015.05.03 Sunday
    • 23:46


    ネパールで雹が降ったそうです。

    先月の終わりに大きな地震がありました。
    たくさんの方が亡くなり、ケガ人は飽和状態、首都カトマンズでも生活のままならない毎日が続いているとのことです。

    わたしは昨年12月にネパールに行っていました。
    もともと1日の半分は電気がなく、シャワーから出るのはほとんど水で、日本と比べてしまえばあまりに不便の多い国という印象でした。
    それでも暮らす人たちにそんな意識は無く、壊れた建物は自分たちで直して、庭に作物を植え育て、必要なだけ働く。
    生活の中にある工夫や知恵に、どこかたくましさを感じたものです。
    ああこの国の人たちは、ちょっとやそっとじゃへこたれないな、日本人よりよっぽど生きる力を持っている。
    何度もそんな思いが頭をよぎりました。
    うまく生きる、とかではなく、生きる。
    語弊があったらすみません、でもそんな風に思ったのです。




    歩いた覚えのある路地に、崩壊した建物のレンガが散乱している写真を何度も見ました。
    「次くる頃には、この国はまた変わっていそうだね」と、観光地化と貧困の狭間にある町を歩きながら、何人かの人と話していました。
    まさかこんな形であの景色が奪われてしまうとは。
    この何日かでいろいろを思い返しています。

    多くの方に安心が訪れることを祈るのはもちろん、糸をたどる思いで、日本でごくごく普通に生活を送るわたしに、なにができるのかと考えています。
    アジアといえども遠い国です。
    たくさんお金があるわけでもない。
    なにをしたらいいのか、声を出そうか、無駄なのか、心を痛めることしかできないのかと。
    もしかしたら同じような思いを抱える人もいるのかもしれません。


    そこで、ほんの微力ですが、募金を。
    5月5日は冷たいチャイを用意する予定です。
    ネパールではどこに行ってもチャイがありました。
    出かけ先で毎日のように飲んで、それまで全く飲むこともなかったのにすっかりはまってしまいました。
    なので?今回チャイの売り上げの一部を、ネパールへの募金に活用させていただこうと思っています。
    募金先はまだ決めていませんが、旅先で出会えた方を通して信用のできる先へと考えています。
    なにもできないのかもしれません、だけどネパールへ、思いを寄せたいです。


    ダルバートにモモ、ホットサンドとチャイ、また味わいたい。
    本当に心から、一刻も早く多くの方に日常が戻りますように。





    スポンサーサイト

    • 2017.07.16 Sunday
    • 23:46
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM