ボリビア・コパカバーナ

  • 2014.06.14 Saturday
  • 21:21

ボリビアという国へのあこがれは、
ただのあこがれにしかすぎない。
地球がまあるいなら、日本の地面をまっすぐ突き抜けて裏側にある国。
いつか行けるだろうとほんのり思っているけれど、きっと行かないだろうともほんのり思っている。

そしてウユニ塩湖があることぐらいしか知らない。
だけど、やっぱりいつかは行きたいと思っている。

そんな思いがあって(どんな思いだろう)、『敷島。本の森』での珈琲はボリビアの豆を選んだ。
(他にももろもろ理由はありますが。)

生豆20キロの大人買い。
―というのも、今使っている手回しの焙煎機は、一度の投入が多くても400グラム。(あくまでもこれまでの技量での判断)
わたしは一回に300〜350グラムで焙煎している。焙煎を経て豆の水分が飛ぶので、仕上がりの重量はだいたい生豆の80〜85%になる。300グラム投入して、一度に仕上がるのは250グラムぐらい。3キロの珈琲豆を作るのに10回強ほど焙煎機を回し続ける。イベントの時以外には、自分で消費できる範囲でしか焙煎していないし。
そう考えると20キロってすごい量な気がしていた。―

しばらくの間、同じ豆をひたすら焙煎できると思っていたけれど、生豆は手元にもうほとんどない。

いつの間にそんなに焙いただろう。
ずいぶんたくさん焙いたつもりになっていたけれど、20キロぐらいではなにもわからないんだな、
というのが正直なところで。

焙煎は、その時々の生豆、天気や温度、時間、回転の速さ、そこにある全部のものが関係してできあがる。
どんなイメージを作っていても、その時にできた珈琲豆がすべて。
正解なんてわからないし、きっとないのだろうし。
まだまだまだ、たいしてこなしていないので、まだまだまだ、何百通りの答えが待っているんだろう。

ボリビアのことなんてちっともわからなかった。

ボリビア・コパカバーナの“コパカバーナ“というのは、
チチカカ湖の近くにある小さな街の名前を言い、先住民族の言葉で『宝石の展望台』の意味を持つ。
この珈琲豆をきっかけにして、知ることができたこと。
そしてとても良い珈琲豆を育ててくれている地。
小高い丘のから見下ろすチチカカ湖が、宝石のように輝いて見えるのかもしれない。

珈琲はそうやって時々、遠くの国へ思いを馳せるきっかけをくれる。
わたしはまた単純に、あこがれへの思いをつのらせるのだ。


 

スポンサーサイト

  • 2017.06.27 Tuesday
  • 21:21
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM